恋愛に関する知識の農園

LOVE FARM

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ブログ 恋愛心理学 男性向け

【恋愛心理学】非モテでも異性の前で緊張しない思考と実践方法

投稿日:



非モテで悩む方々で実際に女性を目の前にし、初対面でこんな経験はありませんか?




「緊張して上手く話せない」




原因は慣れない環境から現れる、経験不足による焦りである事が大半です



とは言うものの初出勤の職場や登壇、大切な商談など恋愛に限らず、人生において「緊張」という心理現象は必ず経験するものです





ここでは昔からビビリ症で女性から一発で嫌われる典型的非モテ男だった私ロデオが改善した、「自信のある男だと自然に見せつける術」をお伝えしていきましょう



▷目の合わせ方




「相手の目を見る事」は対談の基本中の基本だとよく聞きませんか?



これは基本的に世界共通で、目を合わさずに会話を行う事は失礼にあたる国もあるくらいです



そう言われたものの慣れない方が実践してみると、こう思うのではないでしょうか?




「異性の前だと緊張する…」

「見つめ返されると、何処かボロが出ないだろうか」





よく目を合わせるのが苦手な人は「相手の口を見ると良い」と言いますが、基本的に不安の心理が上回り失敗する事が大半でしょう



何故なら「本当は自信がない」という不安が目に現れ、相手との信頼関係に壁を作ってしまうからです



ではどうすれば良いか…



答えは意外と簡単で、相手の目を見るのではなく



「相手の目の動きを観察する」



という事です、「目は口程に物を言う」と言いますが目と脳は視神経と呼ばれる中枢神経で繋がっております



言うなれば目とは唯一、外から確認出来る「脳の一部が露出した器官」です



そのため「脳内の考え事」は、「眼球の動き」として無意識のうちにダイレクトに現れます



つまり「目の動き」を観察する事により、相手の脳内を見る事が可能なのです



そうして「相手の目の動きを観察する事」に集中すると、自然に「相手の目を見て話す自信のある男」へと変わります



なので「相手の目を見る」という、自信の無さを隠す「守り」の姿勢から



「相手の目を観察」し、相手の本心を読む「攻め」の姿勢を持たなければならないのです





次に心理を読み解く為の、「目の動き」と「脳の心理」の関係を紹介していきます



・相手のアセンブリを読む(上か下か)




人間は「良い思い出」と「悪い思い出」の2つを思い出す時に、自然と目の方向がどこかに向きます



そして人によっては「良い思い出は上方向、悪い思い出は下方向へ動く」と聞いた事があるかもしれませんが、現実は目の向く方向は人によって違います



「アセンブリ」とは直訳すると「直訳」になりますが、ここでは相手に質問を投げかけた直後の目の動きを記憶し「相手の心の方向」を読む心理術です



そして相手へ投げかける、質問内容は



「良い思い出」「悪い思い出」

「好き」「嫌い」




を織り交ぜて探りを入れます





「今まで1番楽しかった旅行先は?」

「今まで付き合った彼氏で最悪の思い出は?」

「好きな色は?」

「嫌いな食べ物は?」



相手のアセンブリが読み取れれば遊びに誘った直後に動く目の方向で、相手の本心は「良い印象」か「悪い印象」を抱いているか、心理を読み解く事が出来ます



・意識の側面を見極める(右か左か)




人間は左右で



・反応が早い「意識の側」

・反応が鈍い「無意識の側」



の2つの側面をを持っており、瞬きするスピードも人によって左右で違います



相手と面と向かう対戦を行う格闘技選手は、目を観察する事により無意識の半身を見極めるそうです



瞬きするスピードが微妙に遅い方が相手の弱点で、序盤で見極めて狙い撃ちするという訳ですね



ここで実践するのに重要な事は、左右どちらの瞬きのスピードが遅いか「観察する事」です



先程の「アセンブリ」の知識と合わせて瞬きのスピードを観察している自分は、何事にも物怖じせずに自然と相手の目を見ている筈です



・一目惚れ効果を狙う(一点集中)




通常であれば人間の目が合う時間の長さは1.5秒程と言われてますが、1つだけ例外があります



「一目惚れ」です



実際に一目惚れをした人間は大体5〜7秒ほど見つめてしまってるそうで、初対面で5秒以上相手を見つめるのは特別な行動とも取れます



ですが残念ながら本当の「一目惚れ」を意図的に発生させる事は難しいので、ここで狙うのは「相手に自分を強く印象づける」という事です



「えっ、なんか見られてる?」

「緊張する…」



…とプラスにしろマイナスにしろ、必ず相手に強烈な印象を埋め込む事が可能です



何故なら「初対面で5秒以上相手を見つめるのは特別な行動」だからです



女性はしっかり目を見て話す男には自信を感じて魅力を感じ「それだけ」で高感度が上がります、相手の瞳に自分という印象を埋め込めば成功ですね



今後日常生活において、自分の好みの女性とすれ違う時や定員を見つけたら目をそらさずに「目を観察」してください



▷呼吸法




「人間の呼吸は自律神経と直結している」と言われており、呼吸状態により心理が大きく変化します



なので「緊張」や「不安」に晒され、呼吸が乱れると冷静に物事を考える事が出来なくなります



そんな時は「その場から逃げ出したい」「プレッシャーがかかる」という心理に常に晒される、戦場の兵士が心を落ち着かせる為に使用する呼吸法を学びましょう



やり方は簡単で



・5秒鼻から息を吸う

・5秒息を止める

・5秒口から息を吐く

・5秒息を止める



これを落ち着くまで繰り返しましょう



これは「タクティカル・ブリージング」と呼ばれ、米軍のエリート部隊でも採用されてる呼吸法です



非常に凡庸性の高い知識なので仕事の場大切な面はもちろん、「初めての待ち合わせ」など男女との恋愛でも利用可能でしょう



▷「リフレーミング」で緊張を武器へ変える




人間の脳は単純で「不安」「緊張」状態の脳内「興奮」状態の脳内は同じで、心拍数の上昇など身体に起きる現象も同じだそうです




「この先うまくいくだろうか…」

「失敗したらどうしよう…」




こう思ったら、次のように自己暗示をかけましょう




「興奮して来た!!」

「今の俺、超乗ってきてる!!!!」





感情は違えど、脳内や身体に現れている現象は同じなので緊張をポティシブな感情に置き換えるだけで自分自身のステータスが上昇します



この心理現象はハーバード大学が行った実験で、ワザと学生を緊張させた後に「興奮してきた!」と叫ばせると、テスト成績が22%上昇したというデーターにも基づいています



この心理学を「リフレーミング」と呼びます





これは異性とホラー映画を観たり等、共に「恐怖」を共有すると、異性を恋している状態と同じ「心拍数が上がる」現象が起きる為に脳内が「恋してる」と勘違いする「吊り橋効果」と呼ばれる心理現象と同じ心理が働いています



▷チンパンジースイッチ




人間は「好きな異性の前では判断能力がチンパンジー並みまで低下する」という心理です



超ストライクな女性が目の前に現れた時、判断力が低下し動物並みの思考力となり20分先の事までしか分からなくなります



こうなってしまうと大体の恋愛は失敗するのではないかなと思います、何故なら普通に考えればチンパンジーと恋なんてしませんよね?



これを防ぐには自分が「チンパンジー化」する要員を自己分析する事…つまり自分の「チンパンジースイッチ」を把握する事です



紙やスマホのメモ帳、なんでも良いので「自分の一番の理想の女性」を書き出して、チンパンジーから人類に戻れる自分自信のスイッチを把握しましょう





ま、俺は馬なんだけどね



▷円卓のナプキン論




聞いた事がある方も多いかもしれませんね、人間社会は「最初に行動した人によってルールが形成される」という理論です



由来は円卓に並べられたナプキンを一番最初に使用する人が右のナプキンを使うか、左のナプキンを使うかにより周りの人達がどちらを使用するか決定される事からで「円卓のナプキン論」と呼ばれております



なので異性と対面した時に重要な事は「誰よりも先にアナタがナプキンを取る」事です



つまり真っ先にアナタが話しかける事により、その会話の場の主導権を取る事が出来ます



会話の主導権さえ握ってしまえば、相手の「アセンブリ」を把握する質問を投げかけるのは非常に簡単です



逆に言えば円卓のナプキンを他の誰かに取られた場合、こちらは何が来るか分からない会話の流れへ防戦一方となるので自分の理想の流れへ戻すのが難しくなるでしょう



先ほどの目を合わせる心理術と組み合わせるとどうでしょう、そこには自分から率先して会話を回し自然にリーダーシップを取れるアナタが居るはずです




▷まとめ








「目を合わせるのが苦手な方」への心理術でしたが、不思議とこの方法を実践するだけで目を合わせるのが楽しくなってきますね



ですが記事をご覧になってる方は、非モテで悩む男性が大半ではないでしょうか

 

少しキツイ言い方になるかもしれませんが、これらの知識やノウハウを知識として蓄えたとしても実戦で使用できるのは、せいぜい3つ程度でしょう

 

これは何故か、これはノウハウを実践して記憶を自身に定着させるアウトプットが不足している為です

 

人間は新しい知識を20分で40%は忘れてしまうそうです、見た事がある人が多いと思われる心理学者エビングハウスの忘却線って奴ですね

 

また慣れない経験をする緊張から、折角インプットしたノウハウが肝心な場面で消えてしまうのです



モテるために絶対に必要な三大要素は「経験」「知識」「清潔感」です

 

実戦でトライ&エラーを繰り返し、自分に最も適した出会いのルーティーンを作成する必要があります

 

幸いなことに現代社会は昔と違いネットが復旧してるので、「多数の女性に自分の遺伝子を宿す」という男性の本能を満たす条件が達成しやすい環境となっております

 

中でもオススメは出会い系サイトの「PCMAX」でしょう、理由は登録者数最多の出会いサイトなので経験値と試行錯誤を繰り返すのに打ってつけだからです

 

「PCMAX」の詳細はコチラで説明致します

▼ ▼ ▼

【初めての出会い系にオススメ】PCMAXの特徴とオススメする利用者層(SNS・掲示板)

 

また金銭面に余裕がある方は手間をお金で解決するイージーな「パパ活」という手段もあるのでコチラでご紹介しましょう

▼ ▼ ▼

【パパ活専門サイト】「Sugar Daddy(シュガーダディ)」について男性利用者目線で徹底解説(相場など)

 

また当ブログではモテる為の知識「恋愛心理学」の数々を、男性目線でご紹介しておりますので興味がある方は是非ご参照ください

▼ ▼ ▼

【恋愛心理学】出会い系でも使える初対面の7秒で印象操作を行う方法

【恋愛心理学】出会い系でも使える相手と距離を縮める心理テクニック

【心当たり無い?】知らないと人生後悔するモテない男がセックスする為に必要な恋愛心理コラム3選

当ブログについて



管理人「ロデオ」

当ブログでは男子校出身で恋愛を知らぬまま30歳を迎えた彼女いない歴=年齢の童貞野郎だった管理人「ロデオ」が、恋愛心理学を学び出会い系を通じて試行錯誤した結果セフレ二桁越えを達成したノウハウや

「PCMAX」を利用して実際に出会えた方々の体験談や、出会いに利用できる恋愛心理学等を掲載しております

【恋愛心理学】(知識)

▷出会い系でも使える初対面の7秒で印象操作を行う方法

▷出会い系でも使える相手と距離を縮める心理テクニック

▷非モテでも異性の前で緊張しない思考と実践方法

▷【恋愛心理術】デートを断らせない誘導尋問に限りなく近い心理術

▷【コールドリーディング】気づかぬ間もなく強制的に信頼関係を勝ち取る心理術

▷【コールドリーディング】相手の悩みを言い当て信用を勝ち取る方法

▷【心当たり無い?】知らないと人生後悔するモテない男がセックスする為に必要な恋愛心理コラム3選

【恋愛準備(外観)】

▷【肉体改造】好感度を上げる最短で効率良くコミットする正しい筋肉の付け方

▷【脱非モテファッション】コレだけは押さえて欲しいファッション術とNGアイテム

【恋愛市場】(経験)

▷【初めての出会い系にオススメ】PCMAXの特徴とオススメする利用者層(SNS・掲示板)

▷【パパ活専門サイト】「Sugar Daddy(シュガーダディ)」について男性利用者目線で徹底解説(相場など)

【利用者の声】

▷出会い系サイトでの体験談はこちら

-ブログ, 恋愛心理学, 男性向け

Copyright© LOVE FARM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.