恋愛に関する知識の農園

LOVE FARM

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ブログ 恋愛心理学 男性向け

【心当たり無い?】知らないと人生後悔するモテない男がセックスする為に必要な恋愛心理コラム3選

更新日:

 



「何故、俺はモテないんだろう」

「あんな奴が何故、可愛い子と付き合えてるのだろう」



 

男ならば一度は考えた事はありませんか?

 

そして正確な答えが出てこないまま

 



「きっと金持ちなんだろう」

「芸人並みに面白い奴なんだろう」



 

そうやって自分に言い聞かせ、「自分には無縁の世界だろうな」と自分に言い聞かせ現実逃避を行なってる方が大半だと思います

 

私もそんな人間の一人でしたが、人間の進化生物論や数々の恋愛心理を学ぶと科学的にその謎が解明されました

 



ここでは私達が勘違いしていた男女の恋愛に関する3つの原因と、「モテる」「モテない」といった謎を進化生物論と心理学を元に説明していきましょう

 

▷世の中の「恋愛物語」は全て嘘である

 

「ドラマ」「アニメ」「小説」「J-POP」等々、世の中には一世を風靡するようなキラキラした「恋愛物語」というのがありますよね

 

一般的に世間から「真面目な付き合い」と言われる男女の付き合い方の手順としては

 

1.男女が知り合う

2.どちらかが好きになる

3.何度かデートを重ねる

4.告白でOKを貰い付き合う

5.セックスする

 

という流れではないでしょうか、学生が思い浮かべるようなピュアな恋愛術ですよね

 

ちょっとキツイ言い方になりますが、重要な事なのでハッキリ申し上げます

 

絶対に真似しないで下さい

 

アレが許されるのは大体美貌の持ち主、いわゆる「イケメン」等に限られる物語なのです

 

何故なら彼らは付き合うだけで周囲に自慢できる価値のあるブランド品のようなモノで、女性から一方的に好意を寄せるからですね

 

「なんだ、やっぱり顔が全てか」

 

と言ってこの記事をご覧になっている非モテで悩む方々、安心してください

 

あなたに恋愛をする資格が無いわけでは有りません

 

むしろこの記事に出会い、今までの間違った恋愛に関する思考を変えるチャンスとも呼べるでしょう

 

アナタの周りにもイケメンではないのに不思議とモテる人間の1人や2人がいる、もしくは学生時代などにいた経験があるのではないでしょうか

 

逆にイケメンなのに全然モテない不思議な人間もいます

 

これは何故か…答えは単純で、女性は「他の女とセックスしてる男を好きになる」本能を宿しているからです

 

これは「繁殖力の強いオスの精子を欲する」という、地球上の子を身籠もる生物が子孫を途絶えさせない為に身につけた生物学的能力が関わっています

 

何故メスはこのような能力を身につける必要があるのか

 

繁殖力の弱いオスの精子で妊娠してしまえば繁殖力の更に弱い子供が生まれてしまい、遺伝子を繋ぐ「命のリレー」が途絶えてしまうからです

 

ここで熱帯魚の「グッピー」を使った、ある科学者が行った自然界のモテに関する生体実験のお話をしましょう

 

グッピーのメスは相手の尾ビレの美しさや体の大きさ等を選別し、遺伝子を受け入れるか選別しているそうです

 

そしてこの尾ビレは病気や成長過程に障害を持つと美しくなりません

 

病原菌に勝てる免疫力がある尾ビレが美しいオスは、人間でいう「イケメン」という事ですね

 

そこで科学者が用意した3つに仕切られた透明な水槽に真ん中にメスを、尾ビレの美しさに優劣の差のあるオスを入れます

 

| ♂(ブス) | ♀ | ♂ (イケメン) |

 

次にブサメンのオスの水槽に別のメスを放ち、交尾しまくるオス(ブス)と中央のメスに独りぼっちのオス(イケメン)が見える状態にします

 

| ♂(ブス)♡♀ | ♀ | ♂ (イケメン) |

 

ここで透明な壁を外すと真ん中のメスはイケメンではなく、なんとブスなオスと交尾をしたがるそうです

 

| ♂(ブス)♡♀ ←♀ ♂ (イケメン) |

 

これらは「モテスパイラル現象」と呼ばれ、一回の偶然ではなくウズラなど他の生体にも何度も共通して確認される現象です

 

逆にモテない男は更にモテなくなる…これらが「ブサメンなのにモテる」「イケメンや金持ちなのにモテない」といった現象の理由です

 

こうして「命のリレー」のバトンを受け取り現段階で生き残ったのが我々です、画面越しに居るアナタも勿論例外ではありません

 

人間が形成した現代社会においても、地球上に生きる生物として生物学的心理には抗えないと言う事ですね

 

そして生存競争は生まれた瞬間から始まっており、我々は幼少期を過ごす「学校」で残酷なまでにその現実を垣間見たのではないでしょうか?

 

そして

 

「女性は好きな男とセックスする」

 

と言うのは間違えで

 

「女性はセックスした男を好きになる」

 

と言うのが正しい論理で「セックストリガー」とも呼ばれる現象です、コレは何故か

 

理由は「自分の身体を捧げた相手が低レベルだと、自分も低レベルと認めてしまうのを避ける」という心理が働くからです

 

逆に「セックス直前まで行ったのに、最終的にセックス出来なかった相手」を嫌悪し生理的に受け付けない本能を持ち合わせています

 

女性はセックスまでに何段かの壁を作っています、進撃の巨人をご存知の方はあの壁をイメージして下さい

 

その壁を突破出来なかったオスの精子で身籠もる子も、父と同じように貧弱な可能性が高いため自動的に砲撃する本能が備わっているからです

 

なので最終関門まで突破しセックスした男は、ブサメンだろうと理由はどうであれ本能的に認めざるを得ないと言う事ですね

 

卵を破った雛が最初に動く大きな物を親と思い込む本能と同様、恋人が居ない時に自分の生殖器を貫いた男には運命の人間だと思うフィルターがかかるのです

 

世界中で処女が太古から神聖視されるのも、こういった生物に備わる本能が深く関係しているのかも知れませんね

 

以上の点を踏まえて、男女の恋愛において正しいのは

 

1.男女が知り合う

2.セックスする

3.お互いの事を知り合う

4.付き合う

 

これが正しい手順…と言うより我々が勘違いしていた恋愛に対する「現実」なのです

 

ただし「セックストリガー」はイケメンや金持ちほど依存性が高いと言われ、経験豊富なレベルの高い女性には発動しない場合が良くある事も頭に入れておきましょう

 

▷男は「絶対に」女を好きになってはならない

 

・ちょっと話しただけで好きになったと勘違いする

・自分と話す時に明るく笑顔を振りまいてくれる女性は、自分が好きだと勘違いする

・自分はこの女性しか居ないと思い、一途にアプローチする

 

これらは男子校出身で恋愛が出来なかったり、女性と接する機会が少なかったりしたまま社会人になった男性に多く見受けられる心理ですね

 

これは「非モテコミット」と呼ばれる心理で、脱非モテを志す上で我々が絶対に避けなければならない心理です

 

一方的に男性が更に相手に好かれようと一途であればある程

 

「キモい」「貢がせ対象」

 

と女性は本能的に感じ取り、最終的に避けて忌嫌う心理が働くからです

 

これは何故かと言えば先程と同じで、女性は「繁殖力の弱い男の遺伝子で妊娠することを恐れ、本能で察する能力」が備わっている為です

 

男性が世間一般的に美徳とされる「一途であればある程」、他にセックスする余裕がないオスだと本能で察し嫌悪するのです

 

そして残念ながら女性達は一途な男には高価なプレゼントをねだるなど利用するだけ利用して現実では別の男に抱かれています

 

心当たりはありませんか?

 

また非モテコミットを避ける為には「本当の脈ありサイン」を知る事により避ける事が出来ます

 

以下が「本当の脈ありサイン」です

 

・用事もないのに自分の側から離れない

・相手からの「数秒以上の」ボディタッチ

・「飲みすぎた事」を自分からカミングアウトする

・「軽そう」「チャラそう」とけなしてくる

 

非モテで悩む方々は残念ながらコレらの現象を経験した事が無い、もしくはスルーして関係が発展しなかったのではないでしょうか?

 

これらは女性が、目の前の男は自分の壁をぶち破れる能力の持ち主かを本能的にチェックしているのです

 

壁を壊せなければ身籠もる子も壊せず「命のリレーが途絶える」と判断し、10m級巨人とみなされ返りうちの砲撃を浴びせます

 

セックスまで辿り着くには本当の脈ありサインを確認しながら、最後まで壁をぶち破れる鎧の巨人で無ければなりません

 

そして1番重要な注目すべきサインは「何もしない」という脈ありサインです

 

・手を繋いでも無抵抗

・最後までタクシーに乗ろうとしない

・女友達が離れても自分の周囲で留まる

 

女性が何もしない事により脈アリサインを発する、コレを「パッシブ脈ありサイン」と呼ばれます

 

何故自分から行動を伴わないか、それは自分から積極的にセックスを行えば他人からは「股が緩い女」という烙印を押されるからです

「決して私は尻軽ではない」

「貞操願念がしっかりした私でもそうせざるを得なかった」

「相手か無理やり誘ってきた、私の責任ではない」

 

という言い訳を残しておきたいからです、要するにセックスする理由は自分のせいではなく「人のせい」にしたいのです

 

こうして自分のプライドを守る本能的人間の心理の事を「セルフ・ハンディ・キャッピング」と呼ばれます

 

そして「パッシブ脈ありサイン」は女性がセックスまでの扉を開けるために唯一見せる「鍵」である事が大半です

 

見過ごせば壁を突破できず自動迎撃システムにより砲撃を浴びる事になります

 

何故なら「繁殖力の弱い男の遺伝子で妊娠することを恐れ、本能で察する能力」が本能として標準装備さているからです

 

このサインが現れた後は、さり気なく手を繋いで暫く離さない「ハンドチェック」を行うのが効果的とされてます

 

パッシブ脈ありサインであった場合は、すぐに手を離そうとする確率は少ない筈です

 

そこで拒否が起きた場合はパッシブ脈ありサインではなかったか、相手との信頼関係である「ラポール」が足りていません

 

もしくは相手が常に男に言い寄られるレベルの高い女性の場合は、わざと脈ありサインを出して品定めしている場合があります

 

意図的にフェイントを掛けてくる理由は「セックス不足の繁殖力の弱い男の精子で妊娠する事を恐れる」という本能が働くからです

 

その場合の正しい対応方は軽い「ディスり」が効果的です

 

「何変な事想像してるの?」

「俺がそんなに軽い男だと思った?」

「セックスなんてしないよ」

 

軽いディスりを入れた後にハンドチェック後、「2人きりになれる場所へ行こう」と誘導するのが高確率で壁を貫くルーティーンの一つです

 

ただし相手が水商売経験者等の元プロや悪女の場合、向こうも心理学を用いて金ヅルを躍らせます

 

特にボディタッチや香り等、人間の大五感に働きかける「アンカリング」と呼ばれる心理術は女性が使用すると非常に強力です

 

自分が意図的に狙っている場合以外に、疑わしい脈ありサインを発してくる女性は詐欺などの危険を持ち合わせています

 

「非モテコミット」として区別し、回避する事を今後から常に心掛けましょう

 

▷絶対に自分の得意分野を話してはいけない

 

特に仕事や趣味など、自分がよく知っている事をついつい知識披露してしまう癖は有りませんか?

 

そして「◯◯さん(貴方の名前)は物知りだね」

 

と言われる事が多くありませんか?

 

キャバクラや久しぶりに女の子と話せてスッキリした事は有りませんか?

 

今後アナタがモテるために、この場でハッキリ申し上げます

 

今後、絶対にやってはいけません

 

もう一度言います

 

今後、絶対にしないでください

 

落としたい女性を前にした会話において、絶対に「自分が」スッキリしてはいけません

 

基本的に人間は自分の話を誰かに聞いて欲しいという欲求を持っており、逆に誰かの話を延々と聴きたい人間は居ません

 

特に女性は「おしゃべり」する事により満たされる幸福感は、男性の数倍以上だと言われております

 

これは人間が太古の時代に培われた本能で、太古の人間社会では女性の場合は狩りに出た男が帰ってくるまでに集落で仲間と家庭を守らなければなりません

 

そのため生きるために周囲のコミニュケーションを取り共感したり協調する能力が発達し、お喋りする事により幸福感が満たされるよう脳が完成したと言われております

 

なので自分が話して心地良くなった場合、「誰かに自分の話を聞いて欲しい欲求」を相手女性に押し受けてるだけなのでアウトという事になります

 

相手を見るとすごーいと言いながら携帯か髪の毛をくるくる触ってませんか?

 

どちらも「つまらない」という思想が無意識に行動として現れる心理的サインです

 

我々は逆で向こうを徹底的におしゃべりさせ、「誰かに自分の話を聞いて欲しい欲求」を満たしてあげる事だけを考えましょう

 

ですが非モテで悩む方々は「会話で何を話せば良いか分からない」という方が大半ではないでしょうか

 

私もそんな一人でしたが相手に1つ質問を投げかけ、そこから会話を引き出す便利な言葉を授けましょう

 

「逆に」「意外と」+「大変じゃない?」

 

そのあとの返答はこう続けましょう

 

「分かるわ〜」

 

決して「そんなの大変じゃない、昔の俺は〜」なんてセリフは間違っても言わないでください

 

あなたの意見はどうでも良いのです、女性はただ自分の話に共感してくれればそれで良いのです

 

男性諸君は「パッシブ脈ありサイン」が現れるまで、相手との信頼関係「ラポール」を気づく事だけに集中しましょう

 

▷まとめ

 



女性とは

 

「彼氏に対して一途な事」

 



 

「昨晩、彼氏でない男とセックスした事」

 

は大多数が浮気したと思わない、若しくは浮気だという事に本人も気付いていない生物です

 

何故なら女性目線での浮気の基準は

 

「相手と気持ちが繋がる事」

 

であり、男性目線の浮気の基準である

 

「相手と身体が繋がる事」

 

と男女で違う心理を持っているからです

 

つまり「違う男性とセックスした事」を浮気だと思っているのは男だけで、私達はその価値観を女性に押し付けているのが世界の真理です

 

なので世間一般に知られる「彼氏以外とセックスするのは浮気」という意見は、生物学的理論と人間の心理学に沿うと遺伝子リレーのバトンを渡し続ける本能から大きく外れた意見だと言う事ですね

 

何故なら、この記事で紹介した3つの理由が鍵となります

 

「女性は一途な男性を本能的に拒絶する」

「女性は繁殖力の強いオスの精子を欲する」

「女性は彼氏以外の男とセックスする事は、浮気では無いという心理を持っている」

 

という3つの心理を女性は本能的に持ち合わせているからです

 

その心理に気が付かず、1人の女を追いかける一途な男の結果はどうでしょう?

 

大体女性から惨めな仕打ちを受ける方が大半ではないですか?

 

なので私は「恋」や「愛」等の感情は女性の為に作られた言葉と考えている為、男性には一切必要が無い感情だと思っております

 

モテを目指す上で非常に重要な心理なので、胸の内に秘めて下さいね

 

「男に愛は必要ありません」

 

そういう風に出来上がった動物界のシステムで生きてる上で、人間のエゴで「愛とは何だろう」と思う事自体が間違っているのです

 

先ずは愛を捨て経験する、これが男性に課せられた自然の摂理とも言えるでしょう

 

仮に男性で「愛」の主張権があるとすれば、実際に膨大な数の女性を抱いた男性でしょう

 

何故なら経験が無いor乏しい男性の「愛」の主張は、お金がない日々ギリギリの生活を営む貧乏人が「お金なんかより大切なものがある!」と言ってるのと同じだからです

 

残念ながら、この世の中の現実は「お金があれば大体の物は守れます」

 

「お金より大切な物がある」と言える権利は、本当に一般人以上のお金を手にした経験を持つ人間のみ発言権が与えられる言葉なのです

 

これを心理学で「酸っぱいブドウ」と呼びます

 

イソップ童話で登場したお腹を空かせたキツネが、大きな美味しそうなブドウを見つけたものの

 

どんなにジャンプしようが果実にまで手が届かず

 



「あのブドウは、どうせ酸っぱくて不味い決まっている」



 

と吐き捨て立ち去った物語から由来されています

 

つまり「人間は決して自分の手の届かないものは否定する習性」を持つからです

 

この記事を読む前のアナタの心理を思い返してみましょう

 

「あんな奴が何故、可愛い子と付き合えてるのだろう」

 

そしてこのように思っていたのではありませんか?

 

「きっと金持ちなんだろう」

「芸人並みに面白い奴なんだろう」

 

…この記事を読んだあなたは、もうキツネではありませんよね?

 

そしてこの記事をご覧になってる方は、非モテで悩む男性が大半ではないでしょうか

 

これらの知識やノウハウを知識として蓄えたとしても実戦で使用できるのは、せいぜい3つ程度でしょう

 

これは何故か、これはノウハウを実践して記憶を自身に定着させるアウトプットが不足している為です

 

人間は新しい知識を20分で40%は忘れてしまうそうです、見た事がある人が多いと思われる心理学者エビングハウスの忘却線って奴ですね

 

また慣れない経験をする緊張から、折角インプットしたノウハウが肝心な場面で消えてしまうのです

 

モテるために絶対に必要な三大要素は「経験」「知識」「清潔感」です

 

そしてセックスまでの成功率「ヒットレシオ」を高める為には実戦でトライ&エラーを繰り返し、自分に最も適したルーティーンを作成する必要があります

 

幸いなことに現代社会は昔と違いネットが復旧してるので、「多数の女性に自分の遺伝子を宿す」という男性の本能を満たす条件が達成しやすい環境となっております

 

中でもオススメは出会い系サイトの「PCMAX」でしょう、理由は登録者数最多の出会いサイトなので経験値と試行錯誤を繰り返すのに打ってつけだからです

 

「PCMAX」の詳細はコチラで説明致します

▼ ▼ ▼

【初めての出会い系にオススメ】PCMAXの特徴とオススメする利用者層(SNS・掲示板)

 

また金銭面に余裕がある方は手間をお金で解決するイージーな「パパ活」という手段もあるのでコチラでご紹介しましょう

▼ ▼ ▼

【パパ活専門サイト】「Sugar Daddy(シュガーダディ)」について男性利用者目線で徹底解説(相場など)

 

また当ブログではモテる為の知識「恋愛心理学」の数々を、男性目線でご紹介しておりますので興味がある方は是非ご参照ください

▼ ▼ ▼

【恋愛心理学】出会い系でも使える初対面の7秒で印象操作を行う方法

【恋愛心理学】出会い系でも使える相手と距離を縮める心理テクニック

 

当ブログについて



管理人「ロデオ」

当ブログでは男子校出身で恋愛を知らぬまま30歳を迎えた彼女いない歴=年齢の童貞野郎だった管理人「ロデオ」が、恋愛心理学を学び出会い系を通じて試行錯誤した結果セフレ二桁越えを達成したノウハウや

「PCMAX」を利用して実際に出会えた方々の体験談や、出会いに利用できる恋愛心理学等を掲載しております

【恋愛心理学】(知識)

▷出会い系でも使える初対面の7秒で印象操作を行う方法

▷出会い系でも使える相手と距離を縮める心理テクニック

▷非モテでも異性の前で緊張しない思考と実践方法

▷【コールドリーディング】気づかぬ間もなく強制的に信頼関係を勝ち取る心理術

▷【コールドリーディング】相手の悩みを言い当て信用を勝ち取る方法

▷【コールドリーディング】デートを断らせない誘導尋問に限りなく近い心理術

▷【心当たり無い?】知らないと人生後悔するモテない男がセックスする為に必要な恋愛心理コラム3選

【恋愛準備(外観)】

▷【肉体改造】好感度を上げる最短で効率良くコミットする正しい筋肉の付け方

▷【脱非モテファッション】コレだけは押さえて欲しいファッション術とNGアイテム

【恋愛市場】(経験)

▷【初めての出会い系にオススメ】PCMAXの特徴とオススメする利用者層(SNS・掲示板)

▷【パパ活専門サイト】「Sugar Daddy(シュガーダディ)」について男性利用者目線で徹底解説(相場など)

【利用者の声】

▷出会い系サイトでの体験談はこちら

-ブログ, 恋愛心理学, 男性向け

Copyright© LOVE FARM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.